DODアツイノイケルシランケドを使ってみた口コミレビュー!焚き火に最適な耐熱グローブ!

DODから発売された「アツイノイケルシランケド」を早速買ってみたので、口コミレビューをご紹介します。

実際に手にした時の質感や素材、耐熱温度などをまとめました!

アツイノイケルシランケド」は今までになかった布製の耐熱グローブで、革手袋のようにゴワゴワしません。

特に最初にさわった感触が最高で、焚き火だけでなく寒くなってきた時期の設営やちょっと使いにも◎ですね。

写真付きで詳しく口コミレビューをまとめたので、どうぞご覧ください。

ちなみに僕は人気色の「タン」を購入しました♪

けーのアイコン画像けー

布の厚みといい、質感といいちょっと高級な手袋です!

目次

DOD アツイノイケルシランケドの口コミレビュー

ATSUI-NO-IKERU SHIRANKEDO

アツイノイケルシランケド

そしてまたまた素晴らしいネーミングですよね。頭からはなれませんw

焚き火の時のグローブは革手袋を使ってましたが、新しいタイプの耐熱グローブも良さそうです。

カラーはタンとカーキの2種類。500℃まで対応!

耐熱温度が500℃まで

アラミド繊維を使って作られているので、最大15秒の間500℃まで耐えられます。耐熱グローブとしては言うことなし!

けーのアイコン画像けー

燃えている薪や炭、ダッチオーブンを15秒も持つ事あまりないから問題ないと思います

熱いものを直接持つときは、シリコンの滑り止めが手の甲にくるようにはめてください。シリコンの耐熱温度は200℃です。

シリコンの滑り止め加工

もうS H I R A N K E D Oって入っちゃってる(笑)

手のひらにもシリコン加工がされているのでちょっとした作業する時でも便利ですよね。

手のひら部分をアップするとこんな感じです。シリコンがけっこう厚く盛り上がってるのがわかりますよね。グリップ力は結構高いです

内側は綿で二重加工されている

僕が買ったのは「タン」です。どうでしょう?柔らかい雰囲気ですよね。普通の軍手と違って二重構造です。内側が綿素材になっていますよ!

袖口から紐がででているので、フックなどに引っ掛けておけます。

スペック

出典:DOD公式サイト
カラーカーキ(GL1-778-KH)
タン (GL1-778-TN)
サイズフリー
材質外生地:アラミド繊維
内生地:コットン
耐熱温度外生地:500℃(15秒以内)
シリコン部分:200℃

耐熱グローブとしてだけでなく、幅広く使えるサイズではないでしょうか。

カラーも人気のアースカラー「カーキ」「タン」の2色展開なのでサイトに合わせやすいですね。

同じタンですが、写真のとり方によって色が違って見えます。左側の方が実際の色に近いです。

DOD アツイノイケルシランケド その他の特長

アツイノイケルシランケドの素材は「アラミド繊維」なので洗うことができます。キャンプ中に汚れる事は多々あるので洗濯機で洗えるのは何気にうれしい点です。

あと袖口がかなり長いので焚き火が急にはぜてもちょっと安心。(でも気をつけてくださいね)

DODアツイノイケルシランケドを使ってみた口コミレビューまとめ

今まで焚き火でグローブと言うと革手袋がメインでしたが、見た目は軍手でもここまで耐熱性があれば問題ないかなと思います。

内側が綿素材になっているので、これからの時期ちょっと寒い時に手袋がわりに使うこともできて便利かもしれません。

比較的安く買えるのもありがたいです。

DODのキャンプギアはネーミングはかなり遊んでますが、細かいところまでユーザー目線で考えて作られているのが感じ取れますよね。

けーのアイコン画像けー

見てるだけでもなんか楽しくなります(^^)

でも早くキャンプで使いたい!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる