ソフトバンク光の返却物はこれ!解約の手順を写真付きでまとめました

ソフトバンク光を解約すると、今まで使っていたルーターなどはレンタル品ですので返却しないといけません。

今回僕が解約する際に「ソフトバンク」と「NTT」それぞれ返却物や返却方法が違って、手順が分かりづらかったので、記事にまとめました。

今後ソフトバンク光を解約する方の参考になれば幸いです。

▼ソフトバンク → LINEモバイルの乗り換え方法はこちら▼

LINEモバイルに乗り換えたら
年間で約3万5千円」も安くなったよ!



LINEモバイルの料金プラン一覧はこちら

目次

ソフトバンクからの解約手続きの案内がくる

ソフトバンク光を解約するための電話が終わると、次のようなショートメールが届きます。

スマホからだったので「スマートフォンの方はこちら」から進む。

必要事項を入力して「ログイン」へ進みます。

さらに下にスワイプすると、、、

これだけしか記載がないんですよ(汗)

けーのアイコン画像けー

「softBank提供レンタル機器返却に関するご案内」に「光BBユニット(E-WMT2.3)」しか記載されていません。

他にもいっぱいあるでしょ!
(わからなので調べました)

ソフトバンク光を解約する時の返却機器

「ソフトバンクに返却するもの」「NTTに返却するもの」をそれぞれ紹介します。

ソフトバンクに返却する機器

  • 光BBユニット
  • ACアダプタ
  • LANケーブル
  • モジュラーケーブル

上記4種類です。

※その他、契約時から使っていないものもありました。同梱します。

     
うちではモジュラーケーブルは使っていなかったので、箱に入れっぱなしでした。

まとめて梱包します

返却機器をまとめてダンボール箱に入れていきます。

僕は契約時に入っていた箱をとっておいたのでそのまま利用しています。

捨ててしまった場合は、ご自身で用意したダンボール箱でも大丈夫です。


光BBユニットを先に入れてから、


中にある別の箱にケーブル類を入れて、


このまま閉じて発送します。

NTTへ返却する機器(ゆうパック)

  • ONU(黒い機器)※契約内容によって異なる場合があります。
  • 電源アダプタ
  • 光ファイバーケーブル

上記3種類です。

※その他、契約時から使っていないものもありました。同梱します。

NTTから梱包キットが郵送される

NTTから「ご返却キット」が郵送されてきます。

 
キットの封筒の中に、「返却袋」と「ゆうパック伝票」、「送付のご案内(表裏)」が入っています。

ご案内状の上部にある【ご返却商品リスト】の商品名と機器のシールに記載されているものが同じかをチェックしてください。

NTTの機器もまとめて梱包します


NTT用の箱も契約時の箱を使いました。

こちらも箱ないが場合は、ご自身で用意したダンボール箱でも大丈夫です。

箱がないからといって返却袋に「直接機器を入れるのはやめましょう」。破損した場合は、別途請求される恐れがあります。必ずダンボール箱等に入れてから返却袋にいれてください。

上記のように梱包してから、返却袋に入れればOKです。

あわせてNURO光も契約したらネット環境が快適になりましたよ!

返却機器を発送する(NTT機器は着払い)

返却機器を発送できるところ

ソフトバンクへ返却お好きなところから発送できます
NTTへ返却郵便局、
提携コンビニ(ローソン・ミニストップ・セイコーマート)

発送料金

ソフトバンク

ソフトバンクへ返却する機器は、梱包する時のサイズによって料金が異なります。

僕は元の箱に入れてローソンから発送で、60サイズ・690円でした。

着払いではなく「元払いです」!気をつけてください!

けーのアイコン画像けー

ここは着払いにしてほしかったな〜

NTT

着払いですので料金はかかりません。

良心的ですね!

ソフトバンク光を解約した場合の機器の返却物まとめ

「借りていた(レンタルしていた)ものを返す」

とても単純な事ですが、

やり方がわからないとなんか面倒に感じますよね。
しかしこの順序で手続きを行えば割と簡単だと思います。

これから解約する方に、こちらの記事が参考になれば嬉しいです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

LINEモバイルに変えて初月は0円だし、半年間は1,200円程度でした。オススメです!

LINEモバイルの料金プラン一覧はこちら

僕はソフトバンク光からNURO光に変えました。

ネットは速くなったし、月々の支払いも安いのでかなりおすすめです!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる